岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

GOSICKⅦ

GOSICKⅦ
やっとやっと発売された「GOSICKⅦ」!桜庭一樹
待ったなあ。長かったなあ。もう書かないのかと思ったさ。
アニメ化っていうの知らなくて、実はアニメを全然見ていない。
途中から観るのもなんだから、後でまとめてDVDで観よう、と思っているのですよ。
しかし、あれだね。富士見ミステリー文庫から角川文庫になってこれもどうなんかね?
挿絵が減って、表紙も…なんかラノベっぽくないな。
てか、もはやラノベじゃないのか?
まあ、買いやすいのは買いやすいが…。
今回初めて一般の書店で買ってしまった!アニメイトに行かずに!

まあ、そんなこんなはいいとして、中身です。
ネタバレ含みます。
今回はソヴュール王国のかつての王妃に関する謎解き。
ヴィクトリカ、一弥、ブロワ警部、セシル先生、寮母のゾフィ…いつものメンバー健在です。
それに加え今回はなぜかウサギとハトが出てきます。
もうなんだか懐かしくて、「お決まり」な感じなんだけど、それがまたいいのです。
後半の謎解きは舞台袖で舞台の進行とともに行われます。
舞台に関わる者なので、この辺りも興味津々。
イメージが湧いてきます。
「ヴィクトリカのツンデレの『デレ』の部分が最近多すぎ!」と言う意見をよく聞きますが、
さて今回のはどうなんでしょう?私にはよくわからないですけれども。
出版社が変わっても内容はしっかりラノベでした。
よかったよかった。
桜庭さんの小説はどれも好きだけど、GOSICKシリーズはやっぱこうでないと。
なんだか、あと1冊で終わるらしいのです。
どんな結末なんだろう??

スポンサーサイト

海
小川洋子の短編集。
色々な職業の、様々な人々が織り成すストーリー。
職業の持つ特有性とか、凄く面白いな…と思う。
知らず知らずのうちに自分も色々な職業の人物を描いてきた。
高校生、教師はもちろん、占い師、喫茶店経営、作家、アイドル、会社経営、女将、歌手…
もっと色々な職業描いてみたいな。

やさしい訴え

やさしい訴え
小川洋子さん。
今回、静かな芝居を書くに当たって静かな本を読もうと年始に借りたのに、
稽古が始まって忙しくなったり、なんやかやで結局1ヶ月くらいかかってしまった。
登場人物は主要な人物が3人+2人。
主人公は「カリグラフィー」という、活字をデザインする仕事をしている。
あとの二人はチェンバロを作る職人。
一人は元ピアニスト、もう一人の弟子は暗い過去を持つ女性。
設定がなかなか面白い。
活字を作る、とか、チェンバロ、とか全く身近でないのがいい。
時間が淡々と流れていく中で、登場人物たちに微妙な心の変化が生じていく。
事件も起こるが、そのどれもが登場人物たちを変化させる全てにはならない。
大きな事件は、小さな隙間を残し、小さな事件は少しの変化をもたらす。
それらはまるで最初から当然起こると決められていたかのように
起こっては過去になっていく。
そうしたくり返しで、人は生きている。
それがリアルというものなのだろう。

ともだちが来た

鈴江敏郎さんの戯曲。
以前阿佐ヶ谷スパイダースがやったのを観たことがあって、
印象に残った二人芝居だったので、戯曲を読みたくなって購入しました。
セリフ、一つ一つが短い中に色々つまっています。
二人芝居で片方が死んでいる、という設定自体はありがちなのですが、
ただそれだけではない、深みがあります。
行動の一つ一つ、セリフの一つ一つの意味を考えていくのも楽しかったりする、
そんな作品です。

恋のかけら

恋のかけら
唯川恵、山崎ナオコーラ、朝倉かすみ、山崎マキコ、南綾子、小手鞠るい、豊島ミホ、井上荒野
8人の女性作家による女性の恋の話の短編集。
一つ一つが本当に短い。
どの作品も微妙に上向きな感じで終わるので、
なんかほっとするような、先が読みたくなるような…という感じ。
どの作品も終わり方が読み手に想像させるような終わり方になっていて、
そういうのもいいなあ…などと思ったり。
本当はこの本借りるつもりじゃなかったんだけど。
どの作家も文体が軽いので、あっという間に読み終わってしまう。
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード