岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

テロルとそのほか

アトリエ春風舎プロデュース「工場の出口」
青年団・平田オリザ氏が若手育成のための場所として開放している劇場
アトリエ春風舎が風琴工房・詩森ろば氏を迎えてプロデュースした企画公演。
4人の役者がそれぞれテーマを提示し、
それを詩森氏がそれぞれモノローグと短編に書き起こしたものを
さらに一つの物語に仕上げたというもの。
それぞれの役者の個性が生かされたモノローグが見事。
というか全体的に役者から作っていくという
僕も理想としている作り方が
見事にマッチしているところが素晴らしい。
自分的に思うのは、作家と役者がそれぞれ分離した存在であるのではなく
お互いにインスパイアし合って作り上げられるのが一番だと思っている。
そういう意味ではものすごく役者と作演出家の調和の取れた
どちらが欠けても生まれなかったような作品だったのではないかと思う。
生身の人間が何時間も顔を突き合わせて作っていくという芝居の特性なしには
こういったものを作り上げることができないのではないかと思うのだ。
芝居の稽古はものすごく特殊性があると思う。
毎日に近いくらいに顔を合わせるので、稽古場ではものすごく密着した関係になるが
それはものすごく短期間で、それが終わるとほとんど会わなくなったりする。
もちろんテレビドラマや映画でも同じことがいえるが、
演劇の特殊性は稽古場期間中に一切本番がないことにあると思うのだ。
本番がないからこそそれは流動的であるし
役者も演出家もどこまでも追及できるものであるとともに
お互い「本当にこれが最高のものなのだろうか」という葛藤も共有することになる。
そうやって試行錯誤しながら作り上げたものを、きちんと見せられたような印象を受ける舞台であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード