岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望

2013年⑭「LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望」
北九州芸術劇場プロデュース
3月9日@あうるすぽっと

作・演出:藤田貴大(マームとジプシー)

ということでまあ、見た感じはマームなんですが…。
この公演は北九州に作演出家に実際に何ヶ月か住んで暮らしてもらって、
そこから出てきたものを芝居にする、といった企画だそうです。
役者も多くは九州の人をオーディションで選んで使ってもらって、
スタッフも北九州芸術劇場のスタッフさんでやる、とのこと。
さらに今回は舞台美術も全て藤田さんが拾ってきたもので構成されているとの事で、
舞台美術苦手だとおっしゃっていたのですが、
いやいや、すごいなあと思いました。
内容というか、芝居自体は
もう藤田ワールドにはまっているので(この前の「あ、ストレンジャー」見逃したんだよなあ)、
もう心地いいとしか言いようがないんですが、
もうそのリズムが自分の独り言にまで影響されちゃうぐらいの
そんな心地よいリズムで台詞が流れていくし、
それはいつマームを観にいってもそうなので、
もうそれはここに書くまでもないかなあーと思うのですが、
今回、やっぱり役者さんがいつもと違うということで、
そこは面白かったです。(思いついたまま書いてるので読みづらい文でごめんなさい)
何歳っておっしゃってましたっけ?結構ご高齢(失礼)の安永さんとか
普段マームでは絶対見られないような役者さんで。
あ、あと、小倉の地名がいっぱい出てくるのも面白かったですね。

でも、でも!
何と言っても特筆したいのはですね。
吉田聡子さん。
この役者さんはオーディションじゃなくマームに継続的に出ている役者さんなのですが。
すごくよかった。
マームで何回も見ているし、この前初めて「Q」という他の劇団の舞台でも見ているのですが、
今回すごく印象的だったし、味わいがあったなあ。
いつ見てもそう変わりはないんだけど、
でもいつ見てもそう変わりがないのも、役者としていいことでもある気がするんですよね。
初めて「こどももももも~」で見たときは青柳いづみさんのほうが印象に残ってるのです。
でも、何度も観てるうちに、
というかQを見て、もう一回マーム(じゃないけど)見たら、
なんかめっちゃ気になってきたぞ、っていう役者さんです。
上手く説明できないけど、何度も見てるうちにいつの間にか
「すごくよかったなー、てかいつもすごくいいよなー」
って思っちゃうような感じですかね。
とにかく吉田聡子さん、注目してます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード