岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

パズル、イノセント・ゲリラの祝祭、青空のむこう

パズル
山田悠介著。
秀才たちの集う私立学校に凶悪犯がやってきて、
先生と生徒を人質に取り立てこもる。
犯人たちの要求は48時間以内に2000ピースのパズルを完成させること。
果たして犯人は誰なのか、犯人たちの本当の狙いは??
という活劇ミステリー。
「その時までサヨナラ」のような超常現象もないし、
「リアル鬼ごっこ」のような突飛さもないのだが、
主人公はもちろん、他の登場人物ひとりひとりについても、
その性格やその背景が描かれており、
人質にとられた13人の生徒それぞれのキャラが立って面白い。
ミステリーとして読むよりも、ヒューマン活劇的な面白さがある。
それと、山田悠介の角川書店初作品ということで、あとがきが結構面白かったなあ。

イノセントゲリラの祝祭
海堂尊。
ドラマ化されている「チームバチスタの栄光」のシリーズ。
医者や官僚の話であり、身近とはいえない題材を見事に興味深く書き上げている。
あまり昇進に興味のない主人公の医者だが、いつの間にか周りにのせられ、
官僚の出席するような主要な会議に出席、さらにはその発言によって医療界に大きな改革の波を巻き起こす…
といったようなストーリー。
専門用語も飛び交い、ともすれば難しくなってしまうような話だが、
飽きさせず、最後に向かうにつれ引き込まれていく。
青空のむこう
「チョコレート・アンダーグラウンド」のアレックス・シアラー著。
交通事故で死んでしまった少年の死んでからの物語。
この世でやり残した事があった少年だが、もう一度この世におりてきてそのやり残したことを果そうとする。
完全に主人公の少年の独白調で書かれており、読みやすい。
そこに登場する登場人物たちも(ほとんど死んでいる)個性的で面白い人たちばかりだ。
そして、この世でやり残したことを果たすシーンでは、本当に応援したくなる。
生徒recommendにあった
「交通事故で亡くなった子が主人公でも、この話は前向きで、楽しく読めました。
そして今生きていることのありがたさに気付かされました」
は決して大げさではないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード