岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

夏の終わり。

昨日のタイトルがなんだか誤解を生みそうで怖い。
別に何かあったわけではない。ただ単に本のタイトルである。
念のため。

昨日はある程度結果はわかっていながらも、
なんだか選挙速報をつけながら仕事をしてしまった。
結果がわかっていたとはいえ、やはりなんだか「すごいな」と思った。
結果がわかっていても感心する…というのは
こうなるとわかっていても笑える…というコメディーとなんだか似ている。
と今なんとなく思った。
まあ今なんとなく思っただけだけれど。

これについて色々かいてみたけど、
うまく書けないんで消しちったぁー。
いつもさあ、これ書こうとか思うんだけど忘れちゃうのね。
書くときになるとすっかり。
もうリアルタイムで書かないとだめね。

ところで、民主党の政権だけれども、とにかく公演までもってくれないと困ります。
なぜなら、また選挙になったらせっかく確保した稽古場が
選挙のため使えなくなる可能性があるから。
そういえば以前首相ネタを使ったんだが、
そのときはちょうどタイミングよく安部さんがやめてくれた。
が、次の首相が決まるのが公演直前で、
しかも新首相の孫役の子が
「私は麻生なんて絶対言いたくありません。嫌いなんです!」
って言うからとても困った。
結局福田になったからよかったが。
役者というのはつくづく不思議な生き物だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日、大会の下見でK専門学校に行ってきました。
僕が舞台監督の打ち合わせをしたのですが、
Y先生が『芝犬ムツコ』の話をしてましたよ(笑)

前回の選挙のときは、「コイズミ劇場」
などという言葉が生まれましたが、
今回は「鳩山劇場」でしょうか?!
なんだか、手品師とか出てきそうですね。

小沢チルドレンもたくさん生まれた歴史的な朝、
ウチのクラスの子が聞いてきました。

「ねー、チャイルドの複数形ってチャイニーズだっけ?」

ある意味怖いっす…。

>現演劇部顧問さん

そうそう。
中国は子沢山だから…ってちがーう!

中国の一人っ子政策による少子高齢化社会の進行に対して、
既に深刻な少子高齢化社会に突入している日本が
その対策の手本にならなくてはいけない。
それをこの政権交代でどうみせてくれるのか、
ということを前提に踏まえたブラックジョークかもしれませんよ。
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード