岡本直史が主宰する劇団「柴犬ムツコ」HPはこちらをクリック!

2011年観劇総括②

続いて4月~6月
それぞれの感想ページにリンクしてみた。

4月
あ、ストレンジャー(マームとジプシー)   ・KAGUYA(劇団Ya-taro)
愛の躯(劇団宝船)             ・Juliet(空間エンジンプロデュース)
アンダー・ザ・ロウズ(虚構の劇団)     ・I/me(ConRary、) 
ゴーストライターズ(企画演劇集団ボクラ団義)・桃天紅(wat mayhem) 
愛はガツン!(まじんプロジェクト)     ・俳優のしあわせ(経済とH)

4月は最多10本観劇しましたがこれも選ぶの難しいですね。
まあ悩みますが月間Most Favorite Play(MFP)は愛の躯(劇団宝船)!
マームは2度目の観劇で、これも非常に良かったし、
桃天紅もバカバカしくて楽しかったので、この3つで迷ったのですが。
新井友香さんの演じる芝居もそうだけど、書くものも本当に繊細というか
細かな機微の描写がすごいなって思います。


5月
PerformenⅥ~Paradiso~(電動夏子安置システム)
黒い十人の女(ナイロン100℃)
私と黒いせんてんす(明治大学演劇研究部)
真夜中のランナーズハイ(早稲田大学演劇研究会)
ハコ舟センチメンタリズム(ゲンパビ)

「黒い十人の女」はナイロンにしては珍しく原作物なんですが、
何をとっても素晴らしい完成度だった。
「真夜中のランナーズハイ」は無料公演とは思えない質の高さ。
あの衝撃は記憶に残ってるなあ。
電夏も面白かったし、迷うけど、MFPは「黒い十人の女」(ナイロン100℃)

6月
知恵と希望と極悪キノコ(LIVESプロデュース)
リボンの心得(本能中枢劇団)
絶対わからない(バストリオ)
20年安泰(芸劇eyes)
魔法使いと永久の森(慶応義塾演劇研究会)

「リボンの心得」久々の西島ワールド楽しかった。
「20年安泰」衝撃のバナナデビュー。マームも良かった。
の2つで迷うけど「20年安泰」かな。
ちょっとバナナの衝撃が強すぎて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
3つの活動をしています。
①劇団「柴犬ムツコ」主宰。作・演出を手がける。
②2011年5月~都内ライブハウスにて全曲オリジナル曲によるアコースティックライブを行う。
③某私立高校英語科非常勤講師。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード